ASADA

浅田 ASADA
  • 浅田の紹介画像1
  • 浅田の紹介画像2
  • 浅田の紹介画像3
  • 浅田の紹介画像4
  • 浅田の紹介画像5

Welcome to Ryotei ASADA !

ASADAYA was founded in 1659 by Ihei Asadaya, a procurer licensed under the authority of Tsunanori Maeda, the fifth of the Kaga rulers.This was the beginning of the ASADAYA Edo-Sando, a courier service running three times per month between Kanazawa and Edo. Passing down this warrant from generation to generation, ASADAYA continued in this role for the following two centuries.
In 1867, one year before the Meiji Restoration, Shouhei Asada returned the trading warrant to the Kaga authorities. Based on the experience gained over long years’ leading the Kaga fiefdom courier service, he opened the ASADAYA inn in Jukken-machi, Kanazawa.
In 1971, Katsuji Asada opened Akasaka ASADA, followed by the opening of an Aoyama location in 1993, and another in Nagoya in 2004.
Today the ASADA family is proud to have restaurants in Otemachi and Nihonbashi, as well as BAR MATSU in Nihonbashi, all opened in 2018.

ようこそ、料亭浅田へ。

浅田屋の始祖、初代浅田屋伊兵衛は萬治二年(1659 年)加賀藩五代目藩主前田綱紀卿より中荷物御用を命ぜられます。これが浅田屋「江戸三度」の創始です。江戸三度とは、月に三度江戸と金沢間を往復する加賀藩御用飛脚のことで、その後約二百年間、浅田屋は代々江戸三度を勤続いたしました。
明治維新を翌年に控えた慶應三年(1867 年)、浅田庄平は中荷物御用を加賀藩に返上。加賀藩御用飛脚の棟取として永年培った経験を基に、旅籠「浅田屋」を金沢市十間町で開業します。
昭和四十六年(1971 年)、当時の主人浅田勝次は東京・赤坂に料亭「赤坂浅田」を開業。この赤坂店が青山店(1993 年)、名古屋店(2004 年)を生み出しました。平成三〇年(2018 年)に、日本橋店、バー松、大手町店が加わり、今日に至っております。

  • 春季限定会席 春づくしより1
  • 春季限定会席 春づくしより2
  • 春季限定会席 春づくしより3
  • 春季限定会席 春づくしより4
  • 春季限定会席 春づくしより5
  • 春季限定会席 春づくしより6
  • 店内空間画像1
  • 店内空間画像2
  • 店内空間画像3