加賀料理の継承者として伝統と革新の料理を作り続ける料亭「浅田」

浅田 伝統からの創造 結納・お顔合わせ お問い合わせ・ご予約

味の歳時記 今月の食材

今月が旬の食材

鯛・貝
三寒四温、水ぬるむ、ひかん桜、寒椿などなど季語には事欠かないこの時節。料理の世界で季節の変わり目は「名残りの○○」「はしりの□□」と過ぎ去る食材、始まる食材の重なり合う状況を表現します。 「名残りのズワイガニ」は三月一杯浅田で楽しめますし、「はしりのタケノコ」も九州から届きはじめます。

そして日本海からは何と言っても春の魚の代表は「鯛」、そして「貝類」です。鯛は昔から祝い事には欠かせません。色、大きさ、味、そしてあらゆる料理法に対応するのがこの「鯛」の偉いところです。焼いて、刺身で、蒸して、煮てなどなど目的に応じてきちんと形になってくれます。 小鯛を塩焼きにし熱々の身を食べたあと金沢では残った頭や骨に熱湯を注ぎお醤油を好みでかけて即席スープを頂きます。このダシに勝る味はどこにも見当たりません。スープを頂いたあと骨に付着した身は簡単に離せます。文字通り鯛は魚の王様です。浅田で使用する鯛は大振りですからなかなかこのような楽しみ方はできませんが御家庭では簡単にできます。是非一度試してみてください。 鯛、赤貝、ミル貝などなど春の味覚は先ず浅田でお楽しみください。

旬の食材の料理例

  • 貝いろいろ
    貝いろいろ
  • さくら鯛のお造り
    さくら鯛のお造り
  • オンラインショップ 加賀料理浅田
  • フォトギャラリー
  • 味の歳時記
  • 外出先でのご予約に スマートフォンサイト