加賀料理の継承者として伝統と革新の料理を作り続ける料亭「浅田」

浅田 伝統からの創造 結納・お顔合わせ お問い合わせ・ご予約

味の歳時記 今月の食材

今月が旬の食材

氷見寒鰤と甘海老
氷見の寒ブリ
富山湾には何故良い魚が沢山集まるのか?
それは背後に良い山、立山が控えているからです。

春、北アルプス立山の雪解け水は比較的短い距離巾の富山平野を下ります。川は黒部川、庄川、常願寺川、小矢部川等の一級河川。ダムの数が比較的少ないこともあり立山山麓の森林が自然に作り上げた培養土、腐葉土を一緒に運んで川は流れます。
水温が低くて栄養に富んだ水は深い湾の作りと相俟って自然に魚たちが喜んで集まる仕組みを創り上げたのです。

森林からのお土産はプランクトンの格好の餌になります。美味しく育ったプランクトンは小魚達の餌になり小魚の味が良いのでその上のランクの魚たちが集まります。このような自然界が作ったサイクルは結果として日本の代表的なブリの集まり場所として大敷網(おおしきあみ)という定置網漁法の一大産地となっています。
浅田各店には今日も活きの良い寒ブリが氷見港から届いています。

旬の食材の料理例

  • 氷見寒鰤と甘海老のしゃぶしゃぶ
    氷見寒鰤と甘海老のしゃぶしゃぶ
  • 鰤大根
    鰤大根
  • オンラインショップ 加賀料理浅田
  • フォトギャラリー
  • 味の歳時記
  • 外出先でのご予約に スマートフォンサイト